「与論島ダイビングスポット、ダイビングポイントのご案内」 - 与論島「PRICA YORON プリシアリゾート」

トップページ > 与論島ダイビングスポット、ダイビングポイントのご案内
島全体がサンゴ礁に囲まれたヨロン島は、河川がないため海中の透明度が25~30mと非常に高く、世界でも屈指の水の美しさを誇ります。サンゴやウミガメ、海中宮殿、沈船、奇岩など、ダイビングの醍醐味が満載のヨロン島。プリシアリゾートでは充実した設備と笑顔のスタッフが、ダイバーの皆さまをお迎えいたします。
与論島の周囲には数多くのダイビングポイントが点在するため、海況のよいポイントを選択してダイビングプランをたてることができます。
沈船や宮殿など、与論でしか潜れないようなレアなポイントもいっぱい。ダイナミックな地形、大型回遊魚やウミガメなど、見どころ満載のすばらしい与論の海でのダイビングをぜひ満喫してみてはいかがでしょうか。

ヨロン島 ダイビングポイントマップ

与論島では季節風の影響で、主に夏は北側、冬は南側のダイビングポイントを選択して潜ります。
北側のポイントは、白い砂地が広がる優しいイメージ。魚影が濃く、沈船や宮殿などの有名なポイントが揃っています。また、かなり高い確率でウミガメに出会えます。
南側のポイントは地形がダイナミックで、男性的な豪快なイメージのポイント。大物回遊魚などに出会うことも多々あります。
お客様の滞在期間中、できる限りポイントが重ならないように、ダイビングポイントのオペレーションをしています。リクエストがありましたら、お早めにスタッフまでお知らせ下さい!

ブルーコーナー 宇勝のアーチ ニュー ドロップオフ 那間 ダブルクレバス 品覇沖 海中宮殿 沈船あまみ B&G前 ホヌホヌ 電報口 前浜ホール キャニオン ウワノマキ ヨロン・コロン ハキビナのマグロ根 ハキビナのカスミ根 ハキビナのクレバス マーメイドロック 長崎の塔 クマノミパラダイス 供利パスサイド 供利沖 フンチュ崎

クリックすると各ポイントの説明がご覧いただけます。

与論島 ダイビングポイント一覧

■ブルーコーナー▲マップに戻る
ポイント概要
島のほぼ真北に位置し、ダイナミックなドロップオフと透き通るブルーとのコントラストが美しいポイント。潮を合わせて潜水して大物を狙います。ウミウシの種類も多い。
流れ:中-強
移動時間:茶花港より13分
レベル:中級-上級
水中生物
イソマグロ、ニザダイ、ツムブリ、カスミアジ、マダラトビエイ、コクテンカタギ群れ、カスミチョウチョウウオ、ナンヨウハギ、ウミウシ各種
■宇勝のアーチ▲マップに戻る
ポイント概要
与論島を代表するポイントのひとつ。巨大なL字型のアーチがあり、上級者は水深35mから見上げるブルーホールを楽しめます。初級者には多くの魚に餌付けができ、トビエイやジンベイザメなど出現したこともあり、期待度大。
流れ:弱-強
移動時間:茶花港より10分
レベル:初級-上級
水中生物
カスミチョウチョウウオ、ミゾレチョウチョウウオ、コクテンカタギ、ノコギリダイ、アカヒメジ、ハナコンベ、セジロクマノミ、ハダカハオコゼ、カッポレ、カスミアジ、イソマグロ
■ニュー ドロップオフ▲マップに戻る
ポイント概要
ダイナミックなドロップオフ。ビギナーは浅瀬をのんびり、上級者はクリアーな与論のドロップオフを楽しめます。潮回りによっては、イソマグロなどの大物にも会えることも。
流れ:弱-中
移動時間:茶花港より8分
レベル:初級-上級
水中生物
ハタタテハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、クマザサハナムロ、カスミアジ、アオウミガメ、セグロチョウチョウウオ、ゴンベ類
■那間▲マップに戻る
ポイント概要
細いクレパスが続くポイント。上から入り込む光の筋がなんともいえないほど神秘的です。色とりどりの珊瑚やコブシメなどが楽しめます。
流れ:弱-中
移動時間:茶花港より8分
レベル:初級-上級
水中生物
コブシメ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、クマザサハナムロ、クマノミ各種、アオギハゼ、アオウミガメ、ウミウシ各種
■ダブルクレバス▲マップに戻る
ポイント概要
大小のダイナミックなクレバスとアーチ、沖には珊瑚があり小魚が群れています。春先には、いろんな幼魚やコブシメの卵、アオウミガメもよく見られ、地形派も生物派も楽しめます。
流れ:弱-中
移動時間:茶花港より7分
レベル:初級-上級
水中生物
コブシメ、ハタタテハゼ、ニシキヤッコ、シテンヤッコ、イロブダイ幼魚、ムラサキウミコチョウ、ハダカハオコゼ、モンガラカワハギ、アオウミガメ、チョウチョウウオ各種
■品覇沖▲マップに戻る
ポイント概要
砂地の水路と珊瑚が楽しめるポイント。コブシメの産卵場所でもあり、時期によって、産卵シーンやハッチアウトも見られます。周辺にはアオウミガメも住み着いています。
流れ:無
移動時間:茶花港より6分
レベル:初級-上級
水中生物
コブシメ、ハナゴイ、クマザサハナムロ、スミツキトノサマダイ、クマノミ、ヘラルドコガネヤッコ、ナマコマルガザミ、テンス幼魚、クレナイニセスズメ、チョウチョウウオ各種
■海中宮殿▲マップに戻る
ポイント概要
別名茶花沖とも言われ、2003年に海中宮殿が完成しました。きれいな砂地に本殿と柱があり、水中結婚式なども行っています。珊瑚やクレパスも美しく、見応えあります。
流れ:無
移動時間:茶花港より5分
レベル:初級-上級
水中生物
セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ツノハタタテダイ、クロユリハゼ、コクテンフグ、コオニブンブク、オラウータンクラブ、チョウチョウウオ各種
■沈船あまみ▲マップに戻る
ポイント概要
1993年5月に沈められた日本最大級の沈船。海底に横たわる全長51mの船体は一見の価値あり。年々魚影が濃くなり、イソマグロやカスミアジが回って来る事も。
流れ:弱-強
移動時間:茶花港より4分
レベル:中級-上級
水中生物
ハナゴイ、アカモンガラ、クマザサハナムロ、タカサゴ、ツバメウオ、ハナゴンベ、イソマグロ、カスミアジ、アオウミガメ、スミレナガハナダイ、ヨスジフエダイ、カクレクマノミ
■B&G前▲マップに戻る
ポイント概要
リーフの内側の砂地がきれいなポイント。元気な珊瑚の周りにいるカラフルな魚たちに餌付けができます。
太陽の光がキラキラとして、写真派にはもってこいのポイントです。主に体験ダイビングで利用します。
流れ:無
移動時間:茶花港より3分
レベル:初級-中級
水中生物
デバススメダイ、トゲチョウチョウウオ、ヤマブキベラ、オグロトラギス、クロスズメダイ、ハマフエフキ、コブシメ、カクレクマノミ、星砂
■ホヌホヌ▲マップに戻る
ポイント概要
アオウミガメが寝ているポイント。
多いときでは20匹ほどのアオウミガメがコバンザメなどをつけて休憩しています。必ず亀に逢えるといっても過言ではありません。
流れ:弱-強
移動時間:茶花港より4分
レベル:初級-上級
水中生物
アオウミガメ、コバンザメ、ツバメウオ、ヒレナガヤッコ、アカモンガラ、ハナビラクマノミ、ハマクマノミ、各種ウミウシ
■電報口▲マップに戻る
ポイント概要
浅場の地形を楽しむポイント。クレバス内の光と影のコントラストが美しく、海底ケーブルに付着した珊瑚など、地形派以外の方でも楽しめます。
流れ:無
移動時間:茶花港より4分
レベル:初級-上級
水中生物
クレナイニセスズメ、アオギハゼ、シモフリタナバタウオ、ツバメタナバタウオ、アカマツカサ、リュウキュウハタンポ、イロブダイ幼魚、イセエビ、ツバメウオ、マダラタルミ
■前浜ホール▲マップに戻る
ポイント概要
ホールを垂直に降りていくと大きな横穴が口を開け、差し込む光が幻想的。地形をからめて、フィッシュウォッチングが楽しめるポイント。
流れ:無-弱
移動時間:赤崎港より5分
レベル:中級-上級
水中生物
カクレクマノミ、ゼジロクマノミ、スミレヤッコ、タテジマキンチャクダイ、クマザサハナムロ、タカサゴ、ゴンベ類、オトヒメエビ
■キャニオン▲マップに戻る
ポイント概要
割れ込んだ岩の隙間をねって進むと、ダイナミックな地形とブルーの光が差し込むホールが待っています。あまりのダイナミックな地形に言葉を失うほど。
流れ:無-中
移動時間:供利港より10分
レベル:中級-上級
水中生物 アオギハゼ、クレナイニゼスズメ、オドリハゼ、オラウータンクラブ、ホウセキキントキ、ロウニンアジ、クマザサハナムロ、カスミチョウチョウウオ
■ウワノマキ▲マップに戻る
ポイント概要
のどちんこ型のアーチに、L字型のアーチがあり、沖の離れ根と地形を楽しむポイント。魚影も大変濃く、ビギナーからベテランダイバーまで十分に楽しめます。
流れ:無-中
移動時間:供利港より10分
レベル:初級-上級
水中生物
オドリハゼ、モンツキカエルウオ、カスリフサカザゴ、ダンゴオコゼ、クマザサハナムロ、ハナゴイ、カスミチョウチョウウオ、キンギョハナダイ、キホシスズメダイ
■ヨロン・コロン▲マップに戻る
ポイント概要
昼間なのにナイトダイビングと思えるほどの洞窟の中を探索するポイント。大きな出入り口は光の筋が圧巻です。
流れ:無-中
移動時間:供利港より10分
レベル:中級-上級
水中生物
イセエビ、ネッタイミノカサゴ、キミオコゼ、イセエビ、サラサエビ、アカマツカサ、クマザサハナムロ
■ハキビナのマグロ根▲マップに戻る
ポイント概要
与論で一番の大物ポイント。潮を合わせると、沖の離れ根にイソマグロやヒラアジなどの大型回遊魚に出会える事からこの名が付きました。流れが速いので上級者向き。
流れ:中-強
移動時間:供利港より7分
レベル:中級-上級
水中生物
イソマグロ、ヒラアジ、ツムブリ、ギンガメアジ、カシワハナダイ、スミレナガハナダイ、ナンヨウハギ、ミヤケテグリ
■ハキビナのカスミ根▲マップに戻る
ポイント概要
沖にある大中小の離れ根を楽しむポイント。カスミチョウチョウウオが多く群れる事からその名が付きました。ダイナミックなドロップオフに潮回りもよく、大物に出会える確率も高い。
流れ:弱-強
移動時間:供利港より7分
レベル:初級-上級
水中生物
カスミチョウチョウウオの群れ、ウメイロモドキの群れ、スミレナガハナダイの群れ、ハナゴイの群れ、イソバナ、ウミウチワ、ガラスハゼ、オグロクロユリハゼ、ハタタテハゼ
■ハキビナのクレバス▲マップに戻る
ポイント概要
入り口から出口まで永遠とつづくクレバスのポイント。クレバスの途中にはトンネルもあり、陽射の強い日には光のシャワーがとても美しい。地形をからめたワイド撮影がおもしろい。
流れ:無-中
移動時間:供利港より6分
レベル:中級-上級
水中生物
晴天日に地形をからめたワイド写真、シモフリタナバタウオ、イセエビ、オトヒメエビ、クレナイニセスズメ、メガネモチノウオ
■マーメイドロック▲マップに戻る
ポイント概要
沖の離れ根と、豪快なドロップオフが楽しめ、その名に似合わずダイナミックな地形のポイント。ウミウシの種類も多く、又、別名オコゼ根と言われるほど、カサゴ類も多い。
流れ:弱-強
移動時間:供利港より6分
レベル:初級-上級
水中生物
キンギョハナダイの群れ、カスミチョウチョウウオの群れ、ハナゴイの群れ、ギンガメアジ、カスリフサカサゴ、ヒレボシミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、ウミウシ各種、ゼブラハゼ
■長崎の塔▲マップに戻る
ポイント概要
南側を代表するポイントで、人の顔に見える人面岩が印象的。地形派からカメラ派ダイバーまで何度潜っても楽しめます。大型回遊魚をはじめ魚影も濃く、魚の種類もピカイチ。
流れ:弱-強
移動時間:供利港より5分
レベル:初級-上級
水中生物
イソマグロ、キンガメアジ、ロウニンアジ、ベニゴンベ、ダンゴオコゼ、クダゴンベ、アケボノハゼ、タテジマキンチャクダイ、キンギョハナダイの群れ等
■クマノミパラダイス▲マップに戻る
ポイント概要
トウアカ以外のクマノミが一度に見られる。マクロ派の被写体が多いが、沖に出れば魚影も濃く、ドロップオフやクレバスもあり、地形派にもおすすめのポイント。
流れ:無-弱
移動時間:供利港より2分
レベル:初級-上級
水中生物
トウアカ以外のクマノミ5種類、オドリハゼ、ハタタテシノビハゼ、ヤマブキハゼ、ウコンハネガイ、カミソリウオ、ソメワケヤッコ、コブシメ、アオウミガメ等
■供利パスサイド▲マップに戻る
ポイント概要
船の航路のすぐ横のポイントのため命名。砂地に根が点在し、ハゼ系の宝庫。時折イソマグロが回遊しにくることもある。
流れ:無
移動時間:供利港より2分
レベル:初級-上級
水中生物
オドリハゼ、ハタタテシノビハゼ、ヤマブキハゼ、タテハゼ、オトメハゼ、オトヒメエビ、各種クマノミ、ガーデンイール、イソマグロ
■供利沖▲マップに戻る
ポイント概要
流れの影響が無い為、ビキナー向けのポイント。ただ、マクロ派には被写体の宝庫であり、2度3度とじっくり潜り分けてみてもいい。南で一番の砂地ポイント。
流れ:無
移動時間:供利港より3分
レベル:初級-上級
水中生物
キンチャクガニ、ハダカオコゼ、ツマジロオコゼ、コガネヤッコ、オドリハゼ、ヤシャハゼ、オニハゼ、ガーデンイール、ハナゴンベ、クマノミ等
■フンチュ崎▲マップに戻る
ポイント概要
島では磯釣りで有名な場所。大小のクレバスと砂地を楽しむ。コブシメやアオウミガメが住着いており、クレバス内にはイロブダイやタテジマキンチャクダイの幼魚も見られる。
流れ:弱-中
移動時間:供利港より5分
レベル:初級-上級
水中生物
クマノミ、ハナビラクマノミ、オビテンスモドキ幼魚、ホシテンス幼魚、コブシメ、アオウミガメ、クマザサハナムロ、タテジマキンシャクダイ

ダイビングを安全に楽しく行うために

ロングステイへ

おすすめ宿泊プラン