ダイビング旬季 - 与論島「PRICA YORON プリシアリゾート」

台風23号

2013年10月05日

はいさい!アッキーです。

とてもお久しぶりですね!

ただいま与論島は台風23号が接近中です。

まぁ今回は直撃とはなりませんでしたのでよかったです♪

しかし24号こっちきてますね…。

今年は今まで台風がなかったのでそのつけでしょうか……。

写真は今朝のトモリ港。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クマノミライフ。

2013年10月01日

 

はいさい!りっきーです。

毎回台風ネタで始める慣わしがあるわけではありませんが、またまた発生していますね。台風23号。

今はフィリピンの東あたりをゆっくりと進んでいますが、このままのルートで進むと、

4日あたりから与論島にも上陸しそうで・・・

 

そうなると、今期初上陸ではないでしょうか。

毎度、なんだかんだ運よく直撃を免れていましたが、今回はちゃんとした台風対策が必要となりそうです。

今後の動きに注目ですね。

 

…しかしながら、こんな時でも関心は海洋生物にあるのが自分の悲しい性。

今日も最近気になる生き物を紹介したいと思います。

 

IMG_9887

 

近頃は水族館にもよく登場するお魚なので、知名度は抜群ですね。

クマノミです。(写真はハマクマノミ)

 

イソギンチャクと共生しており、

流れにはためく触手の間を右へ左へ忙しく動き回る姿がとても愛らしい、南国のアイドルです。

 

刺胞と呼ばれる毒針を持つイソギンチャクにその身を守ってもらうかわりに、クマノミたちはイソギンチャクの外敵を追い払ったり、エサを運んでやったり・・・

お互いに持ちつ持たれつな関係を築いているわけですね。

 

 

大抵は複数匹で一つのイソギンチャクに暮らしており、パッと見ファミリーに見える彼らですが、その関係性はなんとも複雑。

彼らは旅の末にたまたま同じイソギンチャクに定住した、なんと他人同士であり、子供に見える一回り小さなクマノミたちも、「立場の弱い同居人」にすぎないんです。

 

クマノミ類は、群れの中で一番大きな固体がメスと決まっており、二番目に大きな固体がオス。

その他小さな固体がオスとメスの遺伝子を持つ、言わばオカマのような存在。

 

このようにクマノミの集団内では絶対的な序列が決まっており・・・

群れのボスであるメスが死ぬとオスが性転換によりメスになり、オカマたちの中で一番強い固体が「オス」に昇格するわけです。

要は、いつまでも「オカマ」のままでは大きくなれないんですね。

 

画像 108

 

平和そう漂っている彼らですが、仲間内ではけっこうバチバチしているんです。

アイドルたちにも裏の苦労があるわけですね。。。お疲れ様です。

 

 

ムチカラマツの森。

2013年09月25日

 

はいさい!りっきーです。

近頃は与論島を挟んでいた2つの台風もようやく通り過ぎ、

波立ちまくっていた海面も落ち着いてまいりました!

やっぱり穏やかな、癒しをくれる海が一番です。

 

今日ご紹介したいのは・・・

海中のドロップオフ(切り立った崖のような地形)などににょきにょき乱立している、こやつら。

 

IMG_9865

 

何も知らない分には植物にも見える生き物ですが、こいつらも立派な動物なんです。

 

分類的には刺胞動物と呼ばれるサンゴの仲間で、名前を「ムチカラマツ」といいます。

浅場ではあまり見かけないのでパッと見地味な色に見えますが、

光を当てると非常に鮮やかな紅色であることがわかります。

 

荒涼とした海底にぽつぽつと生えている姿は、どこか深みへ手招きしているようでなんとも不気味ではありますが・・・

潮通りの良い場所で、流れてくるプランクトンを体表にある小さな触手で捕らえようと待ち構えているみたいですね。

ちゃんと考えを持って寂しい場所を選んでいるわけです。

 

そしてこのムチカラマツ、なんといっても見つけたときに注目してほしいのは、

共生しているユニークな居候です。

 

画像 018

 

透き通ったガラスのような身体をした魚ですが、その名も文字通り「ガラスハゼ」といいます。

ムチカラマツの表面を忍者のように俊敏に動きまわりますが、その動きはなんとも無秩序、何か目的があるわけでは無さそうで。

ぽーっと何を考えているのかわからない、可愛いやつです。

(まあ魚類全般そんな感じですけどね。)

 

大抵はペアで住み着いているので、タイミングが合えば面白い写真が撮れそうです。

 

一見地味な生き物も、よくよく見ると非常に魅力的な世界を持っている。

このことこそが、カメラでいうマクロ派を生む大きな理由なんでしょうね、きっと(´ー`)

 

 

海の宝石。

2013年09月20日

 

はいさい!りっきーです。

近頃は台風19号の影響で海面が若干波立っておりますが、海中は変わらず透き通ってます。

この台風、名前は「うさぎ」となかなか可愛らしいですが、勢力的には全然可愛くないようで・・・

ヨロン島の左下、石垣島のほうを通過するみたいですね。

はやく通り過ぎてほしいものです。

 

さて、話は変わりますが

9月も下旬に入り、ようやく予約のピークを過ぎてきたので、写真を撮る余裕も生まれてきました。

最近見つけて嬉しかったのがこいつら。

 

IMG_9911

 

キスジカンテンウミウシのペアです。

キスジカンテンとは上手い名前をつけたもので、やや透けている様子や弾力のある感触。

本当に寒天そっくりです。だいぶ愛らしいです。

 

世界の海に3000種以上も生息しているといわれているウミウシですが、

それぞれが本当に個性的で、魅力的で・・・

はたして「ウミウシ」という一括りに囲っていいのかってくらい、姿かたち・食生活・生息地に大きな違いがあります。

 

ダイビングをされない方々にはなじみの薄い生き物ですが、簡単に言うと「貝殻を持たない貝」だそうです。

進化の過程で貝殻が退化したそうで。

 

水中を浮遊するクリオネ、地面を這うウミウシ、砂中に潜る二枚貝、サンゴ上を歩く巻貝・・・

同じ貝類でも、こうも多様なスタイルを築いているんですね。

なんだか感心してしまいます。

 

そして個人的になにより不思議なのが、このウミウシ、どうしてこんなに目立つ姿をしているんでしょうか。

それぞれが小さなガラス細工、宝石のような姿かたちをしています。

地味な種もいますが、多くが鮮やかな色彩を持っています。

 

そう派手に着飾ることによって、彼らが得をすることがあるんでしょうか。。

ダイバーにとってはたまらないですけどね。謎は深まるばかりです。

 

ちなみにこのウミウシ、毎年続々と新しい種が発見されているそうです。

更に奇想天外、摩訶不思議なやつの登場を期待したいところですね・・・!

 

 

南へ。

2013年09月16日

 

はいさい!りっきーです。

だいぶ久しぶりの更新ですね。

PCの故障という残念な感じがしばし続いておりましたが・・・

ようやく修理も終わったので、今日からいつものペースで更新させていただきます!

 

さて、9月も折り返しに入りましたが、

ありがたい事に、8月以上に大盛況でしたね。なんとまあ。

シーズン的には、家族連れのお客様に代わって、大学生や社会人のお客様が増えてきました。

島ぐるみの人生ゲームや、テレビなどのメディアで頻繁に紹介されるようになったことも大きいんでしょうか。

おかげさまで色々な層のゲストとお話ができるので、

インストラクターとして教えること以上に多くのことを教わっている気がします。

・・・尊尊我無。

 

そしてここ最近、風向きも徐々に変わり、ダイビングポイントが島の北側から南側へと移行しつつあります。

個人的には与論島に来てから初の南側でのダイビングとなるので、なんだか非常にワクワクしております。

壮大な地形あり、ギンガメアジなどの大きな魚群あり・・・

ばりばりのフォト派としても、夢が広がる響きです。

とりあえず広角レンズを買わねばならないですね・・・!

 

IMG_0149

 

 

今年の夏は何度もウミガメと遭遇しましたが、何度見ても神秘的で美しい生き物です。

水面に差し込む陽光とウミガメ。

ハワイでは幸運をもたらす生き物と言われているウミガメですが、

今年の夏を無事故で楽しく過ごせたのも彼らのおかげかもしれませんね(´ー`)

 

9月!

2013年09月01日

 

はいさい!りっきーです。

なんとまあ、早いものでもう8月が終わりましたね。

一日一日が本当にあっという間に過ぎていきますが、

昨日は研修生3人の実習生活最後の日でもありました。

 

見送る側というのは寂しいものですね…!

この夏を一緒に楽しく過ごしてきた仲なので、

一日なんともしんみりした気分になってしまいましたが…

出会いがあれば別れもある。

より一層、一期一会の気持ちを大切にしていきたいと思えました(´ー` )

 

まだまだ暑い日が続くと思いますが、この暑さに負けないくらい熱く頑張っていきましょう!

 

1231453_208720039297048_1643268155_n[1]

 

プリシアダイビングの愉快な仲間たち。

全員じゃないですけどね。

色々と濃いです。なんとも楽しいメンバーです。

 

台風の恩恵。

2013年08月23日

 

はいさい!りっきーです。
昨日一昨日と台風の接近により大きく波立っていた与論の海ですが、
今日になってようやく落ち着いてきました。

 

せっかく南の島へバカンスに来たのに、台風で海は大荒れ。
海に入るどころではなく、なんとなくげんなりしてしまうシチュエーションですが…
この台風、熱帯の海を守るために一役買っているそうです。

 

強い太陽の光により、放っておけば上がり続ける海の水温。
熱帯の海の生態系を維持するうえでとても大切な役割を担っているサンゴ礁ですが、
水温が高くなるとサンゴの内部に共生している藻類「褐虫藻」が我慢ならん!とばかりに逃げ出してしまうんですね。
褐虫藻を失ったサンゴは、骸骨のように真っ白に…

 

これが今、大きな問題にもなっているサンゴの「白化現象」なんです。
色だけでなく、生きていくうえで褐虫藻が光合成によって作り出すエネルギーに大きく依存しているサンゴは、そのまま朽ちゆく運命。

 

…そこで必要になってくるのが台風の力なんですね。
台風の強い風が海水をかき混ぜることによって、海水の温度が下がり、さらに褐虫藻の光合成を邪魔するヘドロや赤土を吹き飛ばしてくれるそうで。

 

こうして綺麗になった海水のおかげで、サンゴは快適な南国暮らしを続けていけるんです。

 

こう考えると、台風の到来もありがたいと思えますよね。
…そんなことないか。

 

画像 054

 

宿泊コテージの目の前にあるビーチにも、サンゴがたくさん息づいています。
スノーケリングをしながらゆったりサンゴ礁の上を漂うのも、また一興です。

お盆シーズン。

2013年08月15日

 

はいさい!りっきーです。

最近はお盆シーズンということで、体験ダイビングのご予約もたくさんいただいておりまして…

嬉しい悲鳴をあげていましたが、明日から少しづつ落ち着いてくる感じでしょうか。

ご家族の楽しい思い出の1ページに参加できたのならば幸いです。

 

そして中には、生物大好き少年・少女の熱望で参加していただいたご家族も少なくないのですが、

その姿が小さい頃の自分そのものなので、一緒に潜っていると非常に楽しいですね。

 

海にはこんなやつがいて、こんな特徴を持っていて、こんなに魅力的なんだ。

そんな話をしていると年の差なんて関係なし、

興味を抱くことは同じなので、同じラインで一緒になって楽しんでます。

きっと同じゲームソフトに熱中している感覚なんでしょうね。

童心に帰るって、なんか素敵です。

 

…なんか夏も終わりみたいな書き方をしてしまいましたが、まだまだ8月も中旬。

こっからが本番といっても過言では無いので、

ぜひぜひ美しい海を楽しみに与論島へいらしてくださいね。

 

IMG_9709.jpgB

 

近頃、早朝スノーケリングにハマっております。

遅刻もしないし、頭もリフレッシュ。

もしや、これって流行りに乗るかもしれないですね。

 

体験ダイビング。

2013年08月11日

 

はいさい!りっきーです。

近頃ずっと体験ダイビングを担当させていただいてる僕ですが、

8月に入ってからは家族連れのお客様が多くなってきました。

 

家族で、綺麗な海で、ゆったりダイビング。

思い返せば僕も中学生のときに沖縄で初めて体験ダイビングをして、

この世界の魅力に取り付かれた覚えがあります。

 

水中で息ができるなんて!こんなに間近で魚と泳げるなんて!

聞こえもしないのに水中でずっと独り言を言っていました。

それくらい、初めての海中世界は衝撃的でしたね。

 

皆さんも与論島のような南国の島へ来た際は是非、

海中の魅力的な世界に触れてみてください。

きっとリゾート地の魅力が倍増すると思います。

(※健康上、ダイビング後12時間は飛行機に搭乗することができないので、チェックアウトのお日にちには注意してくださいね。)

 

画像 025

 

ゆったり漂ってるだけでも絵になる、そんな与論島の海です。

 

サンゴの用心棒。

2013年08月07日

 

はいさい!りっきーです。

与論島は連日お天気つづき。

それに合わせて、本日は新月。

月の光がほぼ無くなる日なので、夜は満天の星空が望めるんです。

今夜はのんびりと夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

 

今日のファンダイビングは、クレパス地形の真ん中に広がる珊瑚礁が美しい「メーラビ」へ。

遠くから眺めても絵になる珊瑚礁ですが、間近でその隙間をじっと覗いてみても面白い発見が。

 

 

IMG_9619

 

奇抜な模様してますね。

ショウガサンゴの隙間で腕を振りかざしてました。

サンゴと共に生きる、オオアカホシサンゴガニです。

生息地は特定のサンゴの隙間と決まっており、サンゴの出す分泌物や有機物をエサにして暮らしているようです。

 

ただこいつ、ひたすらサンゴに守ってもらいながら生きているわけでは無いんです。

普段は控えめに隠れながら、物陰でひっそりとしていますが、サンゴの天敵、オニヒトデがサンゴを襲いはじめるとガラッと一転・・・

勇猛果敢にハサミを振るいながらサンゴの表面まで一斉に這い出してきます。

 

そこからは白熱の攻防戦。

ハサミでオニヒトデの刺を切ったり、挟んだり、振ってみたり。

いつもの恩義とばかりに、サンゴを守ろうと全力で戦うんですね。

自分たちだけ逃げて別のサンゴに住み着くこともできそうな気がしますが、それをしないのがこいつらの熱いところ。

 

オニヒトデとの戦いは根本的なレベルでサンゴガニたちの使命なようで、、、

サンゴガニの住む水槽にオニヒトデの「エキス」だけを入れる、といった実験をすると、サンゴガニたちは疲れて死ぬまで姿の見えない敵と戦い続けたそうです。

ちょっと熱く語りすぎて話が逸れてきてますが、このカニたちはなんとも熱くて、個人的なお気に入りなんです。

 

…カニに敬意を払う日が来るとは、これもダイビングの魅力なんでしようか。

サンゴ礁の住人たち。

2013年08月03日

 

はいさい!りっきーです。

やっぱり暑い日が続いておりますが、今日の与論は一際暑い・・・。

じっとしていると汗がじんわり。

こんな日は一日中海に浸かっているに限りますね。

 

本日のダイビングも体験のお客様とB&Gへ。

日差しが強いだけあって、水中の透明度は素晴らしかったです。

そして広い砂地に点在するサンゴ礁ですが、毎日見ているとさまざまな変化が。

 

まず、サンゴの隙間に挟まるように産み付けられていたコブシメの卵が無くなっていました。

コブシメは体長50cm以上にもなる大型のイカで、その卵も大きくピンポン玉そっくり。

きっと最近産まれて、どこかに身を潜めているんでしょう。

今のところ、カメラに収めたい生き物No.1です。

 

画像 053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はデバスズメダイの赤ちゃんたち。

まだ小指の爪の半分ほどの大きさですね。

サンゴに隠れつつ、表面を滑るように泳ぎ回る姿がとても愛らしいです。

 

サンゴ礁をよく観察してみると、こんなにも魅力的な生き物たちがたくさん暮らしています。

サンゴ礁を大切に。っていうのは外観の問題だけを言ってるわけじゃないんですね。

 

 

 

全体、前へならえ。

2013年08月02日

 

はいさい!りっきーです。

今日も体験ダイビングの皆様とB&Gへ。

大きな南国のフグ、サザナミフグがいたり、1mほどあるサイズのカスミアジが通ったり。

浅瀬ながら多種多様な生き物たちが息づいております。

 

そんな大物もいいですが、じっくり目に留まるのは、こんな奇妙な生き物。

 

画像 085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を逆さまにしたわけじゃありません。

彼らは「ヘコアユ」というお魚で、いっつもこんなふうに逆立ちをしながら群れで泳いでいます。

風に揺れるように、右へ左へ。

その一糸乱れぬ動きと言ったら見事なものです。

そうやってひとつの大きな塊のようになって移動することで身を守っているんですね。

 

…それにしても、なんで逆立ちしているんだろう。

縦になって泳いでいると、一匹一匹が非常に細いので存在に気が付かないことがありますが、そういう効果を狙っているんでしょうか。

ただ、それなら口が上でもいいような・・・。

 

ちなみに、追い詰めたりすると体を横にして素早く逃げ出します。

普通に泳げるんかい!って感じです。

逆立ち泳ぎは彼らの中で今一番ホットな遊びなのかもしれないですね。

 

動く城?

2013年08月01日

 

はいさい!リッキーです。

与論島は相変わらず暑い日が続いております。快晴です。

雨雲はいったいどこへ行っちゃったんですかね?

 

今日は体験ダイビングの皆様とB&Gへ。

水深4~6mの浅瀬に白い砂地と珊瑚礁が点在する、ゆったりとしたポイントです。

いつまでも漂っていられそうな癒しスポットですね。

 

そんなB&Gで出会ったのが、このウミウシ。

 

画像 086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扇状に広がった紫色の綺麗なフサをいくつも体につけた、ムカデミノウミウシです。

もしナメクジの仲間だったら気持ち悪いとか言われちゃうんでしょうね、きっと。

でも海中で見るこいつは美しいです。

 

このムカデミノウミウシ、たくさんあるフサの中に「褐虫藻」という植物プランクトンを住まわしているそうで。

口から食べる食物+褐虫藻が光合成で作り出すエネルギー、2つのエネルギー源をうまく活用しているんですね。

 

褐虫藻はサンゴとも共生していることで知られているプランクトン。

褐虫藻からすると、このウミウシは動く大きなお城さながら。

インテリアもなかなか洒落てるし、住み心地は悪くなさそうです。

 

穴蔵の赤ちゃん。

2013年07月28日

はいさい!りっきーです。

今日はファンダイブの皆様とダブルクレパスへ。

「クレパス」は岩にできた割れ目のこと。

文字通り、地面にできた二本の大きな裂け目道が見所のポイントですね。

 

画像 079

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな裂け目のさらに奥、小さな珊瑚礁の個室のような場所にいたのが2cmほどのクマノミの赤ちゃん。

イソギンチャクの中をぱたぱたと必死に泳いでいました。

小さな小さな赤い砂粒のような卵から産まれた彼らは、こんな場所でたくましく暮らしているんですね。

なんだか勇気をもらえる光景です(´ー` )

 

それにしても、彼らは成長するにつれて、マイホームが窮屈になったら引越しとかするんですかね。

だとしたら、この子の試練はまだまだ続きそう。

頑張ってほしいですね…!

 

 

動く石ころ。

2013年07月27日

 

はいさい!リッキーです。

最近南西の風向きで少し波立っておりますが、相変わらず海中は穏やか。

ダイビング日和続きです。

 

今日のダイビングでは「電報口」へ。

狭い珊瑚礁の裂け目をくぐりながら、洞窟のような地形の中を突き進む・・・

冒険心を掻き立てられるポイントですね。

そんなポイントで出会った、今日の主役はこいつ。

 

画像 066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・はい、どこに何がいるんだよって感じですね。

スタッフの幸田さんが手に持ったこいつを見せに来てくれて、

最初は「ただの小石じゃん…」と冷めた目でみていたのですが・・・。

 

画像 063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまんだ途端、うごくうごく。

冷めた目で見てごめんなさい。

びっくりして放り投げてしまいました。

上から見るとほんとにただの石なんです。

見た感じカニの仲間のようなんですが、調べてもよく分からず・・・。

カイカムリのようにも見えるし・・・。

わかる方がいたら教えていただきたいです!

 

しかし、こういう見知らぬ生き物と日々出会えるのが海の魅力ですね。

与論の海、やっぱり面白いです。

 

ヒトミシリウオ。

2013年07月25日

はいさい!リッキーです。

今日も快晴で海は鮮やか!

少し波はありましたが素晴らしい透明度でした。

 

・・・そんなこんなで話は変わりますが、最近気になるお魚。

 

画像 050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつです。

体に散りばめた青い星のような模様が綺麗なルリホシスズメダイ。

珊瑚礁に縄張りを持って暮らしているようで、与論では潜るたびによく見かける魚ですが・・・

 

見ての通り、ものすごい人見知りなやつなんですね。

いっつもこんなふうに体を半分隠して、物言いたげな顔でこちらをじーっと観察してます。

何か言いたいことがあるのかな。

近づくと一目散に逃げ出すんですが、たまに突っかかってくるやつもいたりして。

 

臆病なやつに乱暴なやつ。

魚にも個性ってやつがあるんですねー、きっと。

メーラビ!

2013年07月24日

 

はいさい!

アッキーさんに変わりましてリッキーです。

今日から僕も趣味の写真で与論の魅力をお伝えしたいと思います。

 

今日のファンダイブは珊瑚礁に囲まれた細道とドロップオフが美しい「メーラビ」へ。

運が良いと細道ではイセエビ、ドロップオフではイソマグロの群れなんかに出会えるかも。

 

そんなメーラビで今日出会ったのがゾウゲイロウミウシのペア!

画像 034

 

 

 

 

 

 

 

 

出会うなりお互い脇目も振らずにまっすぐ直進・・・

恋仲なのか、ライバルなのか

そもそも彼らに目ってあるのか

謎は深まるばかりです。

画像 038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・見てる限り、ライバルではなさそうでした。

夏はウミウシにとっても熱い季節なんですねー。

 

幼魚

2013年07月22日

はいさい!アッキーです。

今日も安定してまーす!

宮殿、カメ、メーラビに行ってきました!

宮殿の柱、メーラビのゴロタでコショウダイ系の幼魚みました!

やっぱ幼魚は色も大きさもかわいくていいっすね!

今日は完全なるベタナギでした!鏡状態!

ヒレグロコショウダイの幼魚っす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮殿、BG

2013年07月19日

はいさい!アッキーです。

今日は2名様FUNダイビング行って来ました。

5年ぶりくらいだということなので宮殿、BGでまったりゆっくりでした!

海も綺麗で喜んでもらえたみたいでよかったっす。

これからはちょくちょく続けてほしいですね!

宮殿で見たカラスキセワタ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クマノミファミリー

2013年07月16日

はいさい!アッキーです。

今日も安定して夏でした。ヨロン島です!

今日は宇勝、宮殿、BG行ってきましたよ!

カメラ派ダイバーさんたちだったのでのんびり生物探しながらでした♪

BGにずっといるカクレクマノミ知ってますよね?

去年に親クマノミが行方不明になって、小さな子供しか残ってませんでしたが、

少しずつは大きくなってはきてるんですが、つい最近なんと子供が2匹も!!

超小さいですが。まだ5ミリくらい( ̄▽ ̄)

元気に育っておくれ( ̄▽ ̄)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サマー!

2013年07月15日

はいさい!アッキーです。

今日も安定して夏っす。ヨロン島です。

今日は安定して3本行ってきました。

沈船、メーラビ、電報

沈船は安定して沈船でした。けどこの時期にしては安定してウミウシがたくさん♪

ゾウゲイロ、シロボンボン、ジュッテンイロ、センテンイロ、ミルクオトメ

他のポイントでも、ミドリリュウグウ、キヌハダイロなど。

けど安定して夏ですが、水温25℃とか26℃でしたけど( ̄▽ ̄)どんだけー。

この前は28℃とかあったのに。。。

↓ミドリリュウグウウミウシさん♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビング

2013年07月13日

はいさい!アッキーです。

今日は台風明けてから初めてのダイビングでした!

宮殿、電報、品覇

行ってきました!

2D目にメーラビ行こうかと思いましたが、あまりのにごりだったので、電報に変更したら超綺麗でした☆

で宮殿で、超小さいミナミハコフグ発見!!

幼魚シーズンやってきましたね!幼魚はキレイな色してる魚多いから楽しいですよね( ̄▽ ̄)

また宮殿行ったら写真とってきますね!

台風後、だいぶ海も落ち着いてきました。

あとは透明度が上がってくれるのを待つのみですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャーーーーーーク!!

2013年07月09日

はいさい!あっきーです。

今日は宇勝、メーラビ、電報いってきました。

でメーラビでのこと。

砂地のクレパス超えて、ドロップ沿いにいったら、2mはあろうシャーーーーーク発見!!

おそらくネムリブカだったと思います!

与論にもこんなんいるんだなー( ̄▽ ̄)写真がないのが残念!

定着してくんないかなぁ。

今日は透明度超よかったっす!

ヒロビーロ

2013年07月08日

はいさい!アッキーです!

今日は昨日までのゲストさんがお帰りの日です。

今日から3日間くらいは一般ゲスト数名っす( ̄▽ ̄)

久々に船が広々としてましたね。

久々に休暇もとれそうな予感(๑≧౪≦)

ほんとやっと内地も梅雨が明け、夏っぽい!!

海も穏やか♪

これっす。これ待ってました!!

と思いきや!!!!!!!!!

台風7号発生ーーー(´・ω・`)まいった。

11日くらいから影響でてきますねぇこれ。

12日前後に予約されてる方は進路などにご注意くださーい(>_<)

typ_7OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2ショップ無事終了!

2013年07月07日

はいさい!アッキーです。

今日は無事7月の山場超えました!

明日からは一般ゲストさんとのんびり潜りたいと思いまーす!

今日から南東の風になり夏らしくなってきましたよ!

写真はケンゴが撮った謎のイソギンチャクなのかな??

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブルーアースさん

2013年07月06日

はいさい!あっきーです( ̄▽ ̄)

今日は7月1番の山場かな!

ショップ2件入ってます。一般の方も8名!!

今日から熊本のブルーアースさんお越しです!

明日までですが、ナイスダイブしましょう!!

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕焼け

2013年07月05日

はいさい!アッキーです。

今日と明日とショップ2件インっす。

明日からも気合入れていきましょーねぇ。

そして明日、新人イザーワが来島っす!

去年研修で来てた1人!おせーーー。(笑)もう夏始まってるぜ!( ̄▽ ̄)

みなさんお楽しみに☆

 

夏っす。

2013年07月04日

はいさい!アッキーです。

今日も安定して夏のヨロン島です。

今日もはりきって南行ってきました!

供利、ウワノマキ

供利砂地24℃!!ハイーーーー( ̄▽ ̄)寒い!!

2本目マグロ行こうかと思ったけど、ギュンギュんでした(´・_・`)

ヨロンって小潮とかの方がよく流れるぜ。

ですのでウワノマキへ。

透明度もよく気持ちよかった!

明日からまたショップツアー×2っす!

さっがんばろ!

ここ超えたらだいぶ落ち着きそうっす!

こいのぼり

2013年07月03日

はいさい!アッキーだす。

今日は一昨日からお越しで毎年この時期に来て頂いてもう13年!?の名古屋のI様F様。

約1週間の滞在でトータル18本なので今日は風があり、波も多少ありましたが、3本目から南のポイントへ行きました。

で長崎にいきましたが、流れギュんぎゅん( ̄▽ ̄)

けどみなさんお上手なのでいきました!

イソマグロやカメがいました!

たまには南潜るのいいっすね!気分転換☆

水温27度、気温30度、南西の風ややつよ

カーチバイ

2013年06月30日

はいさい!アッキーです。

やっと!梅雨明けのやっかいな南西の風(カーチバイ)がおさまりつつありますヨロン島です。

だいぶ海も穏やかになってきました!と思いきや、流れハンパねーー( ̄▽ ̄)

朝一宇勝行きましたが、激流の為やめました…。

WCにいきましたが、ドロップ沿いは結構流れてて、けど透明度は綺麗で。

グルクン、ハナゴイ大量で、イソマグロもその魚を狙いに来ていました!

けど!ハナヒゲちゃんがいなくなってたーーーーー( ̄▽ ̄)

まだ近くにいたらいいなぁ。

またゆっくり探します(>_<)

写真は幸田さんが撮った宇勝のノコギリダイ。

やっと6月も終わりますねー!最後の山場、きつかったーー(>_<)

けどみんな笑顔で帰って行ったのでよかった!

今日だけでプリシアダイビングのゲストさん総勢25名ほどいっきにチェックアウトしましたよ!

ほぼ飛行機占領してますね!(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA